たくさんのことは望まない

  1. 未分類


家人の帯状疱疹は、一時ほどではないとはいえ、まだ痛みが断続的に続いています。6時間おきに飲む鎮痛剤も、痛みが全くなくなるわけではなく、食事中も顔をしかめて必死に痛みに耐えているのを見ると、堪らない気持ちになります。


白血病を発症し、抗がん剤や放射線治療、臍帯血移植による後遺症と、たくさんの壁がありましたが、痛みの場面はありませんでした。


もう、たくさんのことは望まない。


海外旅行に行きたいとか、あれがほしいとか、こうでなければ嫌だとか・・・・かつてとてもこだわり、大事だったことは、今、ことごとく意味を失っています。


体の自由があまり効かなくなってから、家人はとても涙もろくなりました。それと共に、たくさんの「ありがとう」を口にし、私の名前を呼び、素直な言葉で気持ちを伝えてくれるようになりました。


移植後、生まれ変わる皮膚や爪、まだ定まらない血液型、紫外線に弱いことなどから「3歳児だと思ってください」という医師の言葉がありました。眠っている時だけ痛みから解放されている家人を見ると、まさに3歳児のように思えます。


コロナ禍でリモートでの仕事でなかったら、どうしていたのだろう。介護休暇を取るしかなかったかもしれません。


コロナ禍だからこそ、こうしてそばにいることができます。


日々の時間が痛くなければいい。

「笑顔で食事がしたい」という家人の想いがかなえばいい。

向き合って囲むお茶のテーブルで、たわいのない話ができればいい。


家人との日常の中で思うのです。人生で本当に大切なことは、とても少しなのだと。

痛みと痛みの間の、束の間の平穏な時の朝食。

ご自身もご家族の介護の日々を送られている方から頂いた、
お伊勢さんのお守りはいつも身近なところに。

iPadから送信

関連記事

義父の100歳のお祝いーー心にとどめる時間

5月。10日間いなかっただけで、東川2M houseの庭は一気に緑に。桜が散るのは見ましたが、梨の花もサクランボの花も、帰ってきたらすっかり盛りを過ぎていて、見逃して…

  • 1100 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。